ストレスケアの選び方

ストレスケアの多様化

先生と患者

全くストレスを感じずに生活しているという人が皆無だと言われるほど、現代日本はストレスを感じる要素で溢れています。たとえ衣食住が保障されていて物質的には恵まれた環境であっても、精神的な恵みを十分に享受しているという自覚を持つ人は驚くほど少ないそうです。中には、あまりにもストレスを感じ続けた為に心身共に壊れてしまう方もいますし、そのようになってしまう人の割合は年々増加傾向にあると言われています。最悪の場合、自殺につながってしまうケースもあります。体調不良や自殺といった悲劇を防ぐために、ストレスそのものやストレスに関する諸症状をケアする手段として、どのようなものが存在するのでしょうか。ストレス関係をメインに取り扱う専門機関は、実に多様化しています。プロのカウンセラーによるカウンセリングサービスの他に、心療内科・精神科・神経内科という医療機関もあります。それぞれの機関の方針が異なるため、自分のストレス諸症状に沿って選ぶことができます。しかし、選択の自由がある反面、専門機関の選び方が適切でないと、治療やケアの効果が半減してしまう恐れがあります。中でも、心療内科と精神科は同じストレスケア医療機関の中でも非常によく似ており、選択に迷う方も少なくないそうです。

ストレスケアでの大切な事

では、心療内科と精神科はどのように使い分ければよいのでしょうか。一般的に、心療内科は内科のように心身症を扱う病院であり、精神科は不安やイライラといった精神疾患を扱う病院であると言われています。心療内科は、病気の原因を身体の不調だけでなく心理的な面からも診察してもらえるということになります。例えば、ストレスを感じる事が多くなって胃腸が弱くなった、というケースの場合は、精神科よりも心療内科が適していると言えるでしょう。逆に、ストレスのせいで毎日強い不安を感じていて眠りが常に浅い、というケースは精神科の方が適切であると考えられます。酷かもしれませんが、自身に起きている症状と不調の原因を考える事が適切なケアにつながるように見えます。しかし、あえて心療内科と精神科の違いを調べずに、病院の方針や医師との相性でケアを受ける専門機関を選ぶのも手です。調べる行為そのものにストレスを感じてしまう場合は、こちらの方法が望ましいと思われます。ストレスケアにおいて最も大切な事は、自分自身が納得する形のケアを受けることです。リサーチやセカンドオピニオンなどを自分の好きなように活用してみましょう。患者側の選択の自由を存分に使う事がコツです。