原因不明で受診

先生

勘違いされる内科

心療内科は、体の心身的な症状が出た場合に受診する内科です。勘違いされやすいのが、神経内科や精神科などです。体の不調がある場合に検査しても異常がない場合や原因がわからない場合に受診する事があります。例えば、腰や肩の痛みで整形外科、頭痛や腹痛で内科、脳外科などを受診されても異常が見られない事があります。色々な病院に行くが原因がわからない場合があった時に勧められる事があるのが心療内科です。しかし、何らかの原因で心に傷がある方や精神的な病気の悪化などで受診する事もあります。間違えられやすい心療内科ですので、違いを理解されておく事も良いでしょう。色々な医療機関に受診されたり、回されたりする事なく無駄な時間や費用も使わずにすみます。体の不調で原因不明な時には、心療内科を受診されて、精神的な病気の悪化や症状がある場合には、精神科や神経内科、メンタルクリニックなどの受診をされると良いでしょう。判断が難しい症状でしたら先ずは、電話などで確認してみましょう。ネットなどでも違いの説明や病気のチェック項目などが掲載されていますので参考になります。また、周囲の方にも判断していただく事も良いです。症状が重い場合には、付き添っていただきましょう。

症状を確認して受診

心療内科は、他の医療機関と間違えられやすいです。体の症状を確認されて受診する事が良いでしょう。違う医療機関を受診しても他の医療機関へ回されてしまいます。体の不調で病院に行きますので益々辛い思いをする事もなります。心の病の場合には、病気の症状が悪化する事もありますので注意が必要です。周囲の方に協力を求めて付き添っていただく事をお勧めします。また、病院の受診の前に電話や窓口などで症状を告げて確認される事も良いでしょう。体の不調で心身的な症状の場合は、心療内科の受診、心の精神的な場合には、神経内科、精神科の受診と覚えておくと良いです。わからない時には、医師の説明や医学本なども参考になりますので調べておくと便利です。医療費は高額ですので無駄のないようにお金は大切に使いましょう。心の精神的な病の方も受診される事もありますが、医師からきちんと違いを説明されていますと次から間違わなくて良いです。患者は、体や心に不調がないと病院には行きません。本心では、行きたくはないと思います。体や心が自分では治療できない時に受診しますのできちんとした対応を望みます。また、親身になって親切な対応の医師での受診を望みます。

ストレスケアの選び方

先生と患者

現代はストレス世界と言われ、心療内科や精神科と言ったストレスに関する諸症状を扱う専門機関が増えています。増加・多様化しているだけに自分の症状と向き合って適切な機関を選ぶ必要があります。しかし、その向き合う行為にストレスを感じていては本末転倒です。ストレスケアは自分が納得する形で行う事が最も大切です。

受診する人が増えている

病院

仕事等でストレスを抱え込んでしまいうつ病になってしまう人が沢山いますが、無理をして病院に行かない人が大勢います。しかしうつ病を放置したままでいるとますます症状が悪化してしまう場合が多いので、おかしいと感じたら直ぐに心療内科で診てもらった方が良いです。

現代人の心の病い

頭を抱えている人

心療内科は内科に属する精神科や神経内科と異なる現代病を治療する内科です。PTSDなど心の病により自殺を引き起こしてしまうような現代において将来的に重い病気を引き起こす予兆の段階で治療することを目的とした科です。

心の問題が深刻なときには

女性

精神科に行くのはちょっと勇気が必要だと感じる人は今でも多く、心療内科はより受診しやすい医療機関として門戸を開いています。昔は病気だと思われていなかった人格障害などの解明が進んでいることにより、心療内科の役割は今後さらに大きくなるとみられています。